静岡で緑内障の治療を受けながら

緑内障と診断され点眼薬の治療開始

テレビで観た緑内障のチェックで違和感を感じ静岡の眼科へ : 緑内障と診断され点眼薬の治療開始 : 8年経過したが緑内障に的確に対処してくれる眼科で良かった

それらを見て一喜一憂していても始まらないので、知り合いに勧められた眼科に行って診察を受けたのです。
今も大嫌いな視野検査の結果から緑内障の診断を受けて右目の下の約半分、右目全体の1/4ぐらいの視野が欠けているとのことだったのでした。
そこから治療となったのですが、何より眼圧を下げる事が先決とのことで点眼薬が処方されるのです。
それは差した後必ず目の周りを綺麗にふき取るようにと言われるもので、目の周りの柔らかい皮膚に付いて残るとクマのようになるからと説明がありました。
私は男だからそれでもいいかと思っていましたが、女性にはきっと好ましくない目薬になるだろうなと聞いていたものです。
目は大切なのは普段から分かってはいたつもりですが、いざ自分が放置しておくと失明してしまうかもしれない病気になると切実な思いがありました。
その時にはっきりと医師から視野の欠損部分が指摘された事もあり、しばらくは気分が落ち込んでしまい家族の励ましの言葉に、素直に返事もできなかったのは申し訳なかったと思っています。
決められた回数の点眼薬をきちんと差しながら、3ヶ月ごとの視野検査を静岡で受けているのです。
現在診断を受けてから8年が過ぎましたが、実は未だに視野検査を逃れたいという気持ちを持っていて、医師にそっと視野検査はみなさん平気ですかなどと聞いています。